北海道遺産 稚内港北防波堤ドーム毎年この時期に本社で行われる年に一度のイベントへ行った際に、北海道遺産「稚内港北防波堤ドーム」へ行ってきました!

2001年に北海道遺産に指定された稚内港北防波堤ドーム。稚内観光に行かれる人は、きっともれなく行くのであろう稚泊航路の記憶を伝える美しきモニュメント。

ということで2018年の道北探訪記へ

古代ローマ建築物を想起させる太い円柱

荘厳な雰囲気が漂う防波堤ドーム。
防波堤ドームあいにくの雨模様でしたが、この美しきモニュメントを間近で見てテンションアップ↑。思っていたより迫力があるというか、長さに驚きました。

海上からの高さ14m、柱間6mの円柱70本を並べた長さは427mもあるのだそうです。

この圧巻の景色の設計者は、北海道大学を卒業して北海道庁の技師として稚内築港事務所に赴任してきた、当時26歳だった土谷実さんという方。あっぱれです。

樺太へと渡る人々で賑った頃のシンボルでもあり、古代ローマ建築物を思わせる太い円柱となだらかな曲線を描いた回廊は、世界でも類のない建築物として国内外の注目をあびているそうです。
北海道遺産 稚内港北防波堤ドーム
稚内港北防波堤ドーム
 
 
 
 
 
 
 
悠久の歴史を刻む北海道遺産に思いを馳せていたその時・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

な、なんと!? シャッターチャンスを故意的に妨害する非紳士的行為!大事な「稚泊航路記念碑」の部分までも控えめスマイルでブロック・・・
 
 
 
 
 
 
歴史的景観をものともせず想い出の一枚に移り込むこの青年は、弊社札幌営業所スタッフ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

これはいけません。VARで確認するまでもなく、もちろん警告です!
 
 
 
 
 
 
確か昨年のサロベツ原野でも同じような光景が・・
 
 
 
 
 
 
ん?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひょっこりはん?

 
 
 
 
 
 
 
いきなりのイエローカードで後がなくなったせいか、控えめな景観妨害・・流行にも敏感のようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北防波堤ドームではFree Wi-fiも使えるのですね!スマホで写メ&SNSに投稿のこの時代、これはありがたい!
北防波堤ドームFree Wi-fi
左側にある階段を昇ると北防波堤ドームを裏側から見ることが出来ます。

稚内港北防波堤ドーム
 
 
 
 
 
 
と、そのとき・・ふたたびあの男による妨害行為が・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北防波堤ドームの絶景スポットを遮る捨て身の妨害行為!弊社のコンプライアンス規定にも抵触する非紳士的行為と言わざるを得ません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もちろん・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
言語道断です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明るいキャラクターで社内の宴には欠かせない彼の座右の銘は「NO PARTY NO LIFE」。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ある意味、座右の銘に忠実に生きているような彼の姿に感銘を・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
受ける訳ないだろっ!喝!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この後、彼は期限付きで稚内本社への逆出向を命じられることとなる・・・
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
階段を昇った先には絶景が広がっています。さすがに風が強い!

北防波堤ドームを裏側から見るとこんな感じです。(この画像ではよくわからないと思いますが雰囲気だけでも)

昨年のサロベツ原野に続いて、また今回もあいにくの天候。ここ数年、何度か稚内を訪れる機会があったのですが、稚内港北防波堤ドームへ行くのは今回が初めてでした。

間近で見る稚内港北防波堤ドームの長~い曲線を描いた回廊には感動しました。さすが北海道遺産!
防波堤ドーム
 
 
 
 
 
 
 
そして本社に到着!

こちらは「豊富温泉の恵み肌うれし」、出荷準備中の「サロベツ大地恵泉」。毎日大変多くのご注文をいただきありがとうございます!

道北の旅に行かれるときは、世界に二つしかない原油の温泉「豊富温泉」もおすすめです!
豊富温泉

稚内港北防波堤ドームの基本情報

【稚内港北防波堤ドーム】
所在地 稚内市開運町
お問合せ TEL 0162-23-6386(稚内市役所政策調整部環境エネルギー課)
ホームページ(稚内市役所) http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/
ホームページ(北海道遺産) https://www.hokkaidoisan.org/heritage_001.html