アトピー湯治におすすめ 北海道の名湯アトピーにおすすめの湯治場は全国各地にありますが、アトピー湯治の『聖地』とまでいわれる北海道の豊富温泉。

アトピーや乾癬など、難治性の皮膚疾患に悩む方が全国から湯治に訪れることで有名な北海道の名湯として知られるようになりました。

雄大な自然に囲まれた豊富温泉は、温泉療養医が選ぶ日本の名湯百選に選ばれ、豊富温泉での湯治は完治が難しいとされるアトピーや乾癬の改善に、劇的な効果が期待できるとして高い注目を集めています。

湯治は脱ステロイド時の痛みや痒みが軽減されたり、アトピーの炎症が短期間で鎮まるなど、薬の影響を憂慮することなく、心と体に優しい温泉療法として様々な効果があるといわれています。

また、温泉療法は本来人間が持っている『自然治癒力』を高めて治す根治療法といわれています。

このブログではたびたび豊富温泉について紹介していますが、改めて北海道の名湯である豊富温泉とアトピー湯治についてまとめてみたいと思います。

アトピー湯治の期間

湯治とうじとは、温泉地に長期間(少なくとも一週間以上)滞留して特定の疾病の温泉療養を行う行為と定義されています。

豊富温泉でアトピー湯治をする場合、症状の度合いなどにより個人差はありますが、少なくとも1週間以上、目安は3週間程度が良いようです。

アトピー湯治に効果的な泉質

アトピー湯治に効果的な泉質アトピー湯治に効果的とされる主な泉質は、単純温泉・炭酸水素塩泉・塩化物泉・硫酸塩泉・含鉄泉・硫黄泉・酸性泉・放射能泉の8種類といわれております。

温泉に浸かることで新陳代謝の促進や皮膚のバリア機能の強化など、湯治で得られる効能は多々ありますが、泉質それぞれに特徴があり、肌の状態に合わせて自分に最適な泉質の湯治場へ行くことで、より高い効果が期待できそうです。

そもそも水道水で沸かすお風呂とは違って、温泉にはミネラル成分が豊富に含まれています。

温泉の泉質によってミネラルの成分は異なりますが、ミネラル成分は皮膚病の改善に効果があるといわれています。

アトピー湯治には酸性泉が良い?

先述したアトピー湯治に効果的な8種類の泉質の一つである酸性泉。皮膚の表面が弱酸性ということもあり、酸性泉がアトピーに良いとされ、アトピーの方は酸性泉を勧められることが多いようです。

アトピーの方が酸性泉を進められる理由としては、アトピー悪化の原因の一つである黄色ブドウ球菌の殺菌効果に優れているためです。しかし強い酸性泉は肌への刺激が強くなってしまうため、自分の肌の状態に合わなければ、かえって逆効果になる場合もあるので注意が必要です。

専門医に相談するなどして、まずはしっかり自分の肌の状態を知り、自分に最適な湯治場を探すのが先決といえそうです。

豊富とよとみ温泉でのアトピー湯治

アトピー湯治におすすめ 北海道の豊富温泉日本最北の市である北海道稚内市から南に約40kmの位置にある豊富温泉。

明治33年頃にクマを捕るためにやって来たアイヌの人たちが道に迷ってしまい、一息つけようとタバコに火をつけようとした瞬間に、音を立てて炎が上がったそうです。

それを聞いた地質に詳しい人たちが山に入っていろいろと調べてみると、そこには石油が湧き出ていることがわかり本格的な調査が始まりました。そして大正14年に石油の試掘を行ったところ、高圧の天然ガスと共にお湯が噴出して豊富温泉は開湯しました。

昭和初期の頃、草葺小屋を建てて地元の人達が温泉として利用するようになり、当時の研究機関の調査では筋肉や関節の疾患、慢性皮膚疾患、火傷などに効能があると認められています。

その頃は温泉近くに炭鉱があり、作業中に火傷を負った人がよく温泉を利用していたようで、当時の地元の方たちの間では、『火傷は病院にかかるより綺麗に治る』と評判になるなど、昔から皮膚疾患には高い効能があったようです。

奇跡の湯』とも呼ばれ、世界に二つしかないと言われる非常に珍しい油分を含んだ温泉で、温泉に含まれる様々な成分が体の細胞を活性化させて、自然治癒力を蘇らせるといわれています。

ダメージを負った肌にも刺激が少なく、肌に優しい温泉として皮膚科医推奨の名湯として高い評価をされています。

TVやインターネットなどの影響もあり、豊富温泉の優れた効能が広く知れ渡るようになった近年は、全国からアトピーなどの難治性の皮膚疾患に悩む人たちが湯治に訪れることで有名な湯治場になりました。

アトピー湯治に最も適した豊富温泉の泉質

アトピー湯治に最も適した豊富温泉アトピー湯治にこれほど有効な温泉は他に類を見ないといわれる豊富温泉の泉質は、ナトリウム塩化物泉とナトリウム塩化物・炭酸水素源泉の2種類で、皮膚の殺菌効果があるホウ酸が多いことや皮膚炎を鎮静化させる作用があるマグネシウムイオン濃度が高いこと、油分に含まれるタールが抗炎症作用を発揮すると考えられています。

豊富温泉はそれらの成分濃度が高く、絶妙な配合割合で溶解しているといわれており、このようなことから豊富温泉は、アトピー湯治に最も適したナトリウム塩化物泉系モール泉だといわれるようになりました。

豊富温泉の特徴的な石油成分であるタールには、アトピー性皮膚炎のつらい炎症、かゆみを鎮める強力な抗炎症作用があるといわれています。

石油臭くて身体に害がありそうなイメージのタールですが、タールは昔から外用薬として皮膚疾患の治療に使われています。

アトピー肌に優しいモール泉

アトピー肌に優しいモール泉日本の一般的な温泉というのは「火山性温泉」といわれ、火山の地下マグマを熱源とする温泉なのですが、豊富温泉は皮膚病に一番効果があるといわれる植物性泉の「モール泉」に分類されます。

モール泉というのは地下にある樹木の堆積物が泥炭を通して湧出しており、鉱物成分が多い通常の火山性温泉とは大きく異なり、植物性の腐食質が主成分となっています。

そのため植物性泉のモール泉は、まろやかな温泉で皮膚に優しいという特徴があります。

アトピー湯治で有名な温泉の中には、入ると皮膚への刺激が強くて数分も入っていられなかったという声を聞くことがありますが、豊富温泉は刺激が少なく、長く入っていられるという理由の一つは、モール泉ならではの恩恵なのかもしれません。

ちなみにこの「モール泉」というのは、温泉法で規定された正式な泉質名ではないそうで、温泉法に基づく療養泉の分類についての泉質とは全く別の概念で、温泉の分類上では「塩化物泉」などとなるそうです。

アトピー湯治を体験した人が全国から移住

アトピーをはじめとする皮膚病への効果が期待できるといわれる温泉は数多くありますが、豊富温泉は実際に湯治を体験した人が全国から移住してくることでも有名です。

‟アトピーの聖地”と呼ばれる由来は、この辺りからきているのかもしれませんが、これも豊富温泉ならではのエピソードといえそうです。

豊富温泉の効能

豊富温泉の療養泉分類の泉質に基づく適応症・禁忌症は以下の通りです。

適応症
慢性皮膚病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、火傷、病弱児童、慢性婦人病
禁忌症
急性疾患(熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)

ヘルスツーリズム大賞を受賞

ヘルスツーリズム認証制度ヘルスツーリズムとは健康の増進や回復に主眼を置いた旅行や観光のことで、2016年からは政府主導の認証制度もスタートしました。

最近は日本でも新しい旅の形として注目されるようになったヘルスツーリズムですが、欧米では古くからヘルスツーリズムが浸透しており、古代ギリシャ時代から温泉や海などの事前資源を活用した治療・保養がおこなわれ、旅行や医療の一つのジャンルとして普及しています。

世界的に見ても非常に珍しい石油成分を含んだ豊富温泉の特徴的な泉質である、タール成分が皮膚病に効能が高いことや、湯治客のために行っている様々な施策が評価された豊富温泉は、第10回ヘルスツーリズム大賞を受賞し、北海道のヘルスツーリズム推進地に認定されています。

現代のヘルスツーリズムは「科学的な根拠に基づいた健康増進・維持・回復・疾病予防につながる健康的な旅のプログラム」と定義されています。

豊富温泉ふれあいセンター

豊富温泉ふれあいセンター豊富温泉には「ふれあいセンター」という町営の日帰り入浴施設があり、源泉をそのまま引いた湯治客用の浴場と、一般客用の浴場が幅広く利用されています。

また、湯治客に様々な情報を提供する総合案内係のコンシェルジュがあります。

ふれあいセンターには健康相談員(保健師)、コンシェルジュ(湯治経験者)が常駐していますので、気になる事などがあれば、まずはご相談してみましょう。

豊富町は現在、豊富温泉ふれあいセンター及びそれと連携して湯治療養を支える施設が、厚生労働省の定める『温泉利用型健康増進施設』として認定される事を目指しています。

温泉利用型健康増進施設とは、厚生労働省が定める「健康増進施設認定規程(以下「規程」という)」に基づき、「健康増進のための温泉利用及び有酸素運動を安全かつ適切に行う事のできる施設」と認定されたものを指します。

この認定施設を利用して温泉療養を行い、かつ手続き等の要件を満たした場合には、施設の利用料金、施設までの往復交通費について、所得税の医療費控除を受けることができます。

多くの方にとって、日本最北の温泉郷である豊富温泉までの交通費等は経済的負担となるでしょう。

この認定を得ることができれば経済的負担が軽減できる方もいるでしょうから、早く認定が得られればいいですね。

平成29年7月4日、北海道で初めて厚生労働省の定める『温泉利用型健康増進施設』に認定されました。2017/7/27追記

【豊富温泉ふれあいセンター】
電話番号 0162-82-1777
営業時間 8:30〜21:00(受付/20:30まで)
元日・整備日(毎年4月10日前後の4日間)は休み ※年末年始は短縮営業
日帰り入浴 大人(中学生以上):510円 子ども(小学生):250円 65歳以上:380円
有料個室 4.5畳 1,850円 6畳 2,360円(3時間まで)※1時間延長につき300円の追加料金が必要です。
その他設備 Wi-Fi(インターネット)・オムツ替え授乳スペース・喫煙所

豊富温泉ミライノトウジへ行こう!

豊富温泉ミライノトウジ2017年2月に発行された豊富温泉の書籍です。この本は豊富温泉で実際に湯治を体験された方や、豊富温泉での湯治をすすめるお医者さん、豊富温泉の水質と効能を科学的に分析した研究者による分析結果など、豊富温泉での湯治について非常に詳しく書かれております。

豊富温泉に行ってみたいと思っても、日本最北の温泉郷である豊富温泉まで行くには何かと不安がある人もきっと多いでしょう。

この本にはそのような同じ悩みを持った人たちが、実際に豊富温泉へ行くまでの貴重な体験談などもたくさん紹介されています。

また、ふれあいセンターや湯治におすすめの宿、豊富温泉街のことなど、豊富温泉で湯治を経験する際に必要な情報などが、事細かく親切丁寧に紹介されています。

湯治を体験された方のビフォーアフターの写真や、親しみやすいイラストを使って、老若男女誰が見ても分かりやすい内容になっています。

豊富温泉での湯治を考えている方は、ぜひ一度この本を読んでみて下さい。きっと豊富温泉での湯治について知りたかったことがほぼ分かると思うので本当におすすめです。

豊富温泉の素「肌うれし」

豊富温泉の恵み肌うれし有名な温泉地のお土産として、湯の花などを商品化してご家庭で温泉気分が味わえると人気の「温泉の素」があります。

現在のところ‟豊富温泉の素”という商品名の入浴剤は発売されていませんが、豊富温泉の素ともいうべき豊富温泉の源泉を主原料にして作られた‟豊富温泉の恵み 肌うれしシリーズ”があります。

豊富温泉をそのまま7倍に濃縮した浴用温泉水の‟サロベツ大地恵泉”をはじめ、豊富温泉に含まれる天然の油分が肌に優しい‟肌うれしボディーソープ”、豊富温泉の源泉を濃縮して作られた‟肌うれし石けん”、そしてこのブログでも度々紹介している大人気商品の‟肌うれし湯治クリーム”というラインナップです。

肌うれし湯治クリームについてはこちらの記事『脱ステロイド! アトピー肌におすすめの保湿クリーム』でも紹介しておりますので、良かったら参考にしてみて下さい。

アトピー湯治で有名な豊富温泉ですが、日本最北の温泉郷ということもあり、豊富温泉に行きたくてもなかなか行けないという多くの声に応えたいという思いから、少しでも豊富温泉を身近に感じていただける製品として生まれたのが‟豊富温泉のめぐみ肌うれし”です。

豊富温泉の恵み肌うれしの購入はこちら

アトピー湯治と転地の効果

薬の副作用が無く体質改善効果や皮膚の殺菌効果をはじめとする効能や、脱ステロイドのきっかけなど、アトピー湯治には様々なメリットがあり、これからもますます注目されていくと思います。

美しい自然の中できれいな空気を吸いながら、普段の生活環境から離れてのんびりとした時間を過ごすことで得られる転地の効果やストレス軽減、自律神経の調整効果も湯治の魅力といえます。

すべての人に効果があるとは言えないと思いますが、一般的な皮膚科での治療で改善しなかった人が、豊富温泉での湯治を経てアトピーや乾癬の症状が改善されて体とともに心も癒されています。

湯治はアトピー改善のために取り入れたい温泉療養であることは間違いないでしょう。

自分の周りにアトピーの事を話せる人が居ないなど、一人で悩む事が多かったという方には、湯治場で出逢う同じ悩みを抱える人たちと色々な話が出来るのも心身ともにいい影響がありそうです。