乾癬 ストレスと免疫異常難治性の皮膚疾患である乾癬を発症する原因について、近年の研究では免疫異常が関わっていると考えられています。

乾癬は免疫機能が何らかの原因によって異常をきたし、本来攻撃する必要のない自己免疫を攻撃してしまう自己免疫反応を引き起こすことで症状が現れる、自己免疫疾患の一種とされています。

皮膚の新陳代謝が異常なほど活発になり、乾癬の患部には異常なスピードで角質が積み重なっていくことが研究によって分かってきたようです。

免疫異常を引き起こす根本的な原因については解明されていませんが、ストレスが深く関係しているのではないかと考えられています。

乾癬の種類

乾癬は症状によって次の5つの種類に分類されます。

  1. 尋常性乾癬じんじょうせいかんせん
  2. 滴状乾癬てきじょうかんせん
  3. 関節症性乾癬かんせつしょうせいかんせん
  4. 乾癬性紅皮症かんせんせいこうひしょう
  5. 膿疱性乾癬のうほうせいかんせん

尋常性乾癬(局面型乾癬)

一般的に乾癬といえば、この尋常性乾癬を指しており、乾癬患者さんの約90%が尋常性乾癬だといわれています。

1つ1つの皮疹が大きくなって互いにくっつくと、局面(プラーク)を形成することから、欧米では「局面型乾癬」と呼ばれています。

主な症状として、赤い発疹と細かいかさぶたのような鱗屑(りんせつ)が、フケのように剥がれ落ちる落屑(らくせつ)が典型的な症状とされています。落屑は皮膚上皮の角質細胞が剥がれ落ちたもので、皮屑(ひせつ)とも呼ばれます。

尋常性とは「最も普通の」という意味です。

滴状乾癬(急性敵状乾癬)

扁桃腺炎などが誘因になり、全身に滴状(水滴くらい)の丘疹が現れます。滴状乾癬は乾癬患者さん全体の約4%の割合だといわれ、急に発症することが多いため「急性敵状乾癬」とも言われます。

若い人に多くみられるようで、水滴が跳ねたように見えるため、この病名がついたようです。たいていの場合は治療によって治ると言われますが、尋常性乾癬に移行してしまうこともあります。

関節症性乾癬(乾癬性関節炎)

関節リウマチの症状に似て、炎症によって関節の腫れや痛みを伴い、ときには関節が変形してしまうこともあります。

乾癬の皮疹が出た後に関節の症状が現れることが多く、指の関節に乾癬の症状があったり乾癬の爪病変がある場合は、乾癬性関節炎の可能性が疑われます。

日本では乾癬患者さん全体の3~10%が乾癬性関節炎と診断されており、患者さんが少しずつ増加傾向にあるようです。

乾癬性紅皮症

尋常性乾癬の皮膚症状が全身に広がり、皮膚全体の約90%が真っ赤になってしまいます。

乾癬性紅皮症は乾癬患者さん全体の約1%の割合で発症するようですが、いきなり乾癬性紅皮症を発症することはほとんどなく、多くの場合、尋常性乾癬が悪化して乾癬性紅皮症に移行します。

皮疹が全身に広がるため、皮膚の働きが低下して体温調節が困難になるなど、乾癬が重症化した状態といえます。

膿疱性乾癬(汎発性膿疱性乾癬)

乾癬の症状の中でも最も重症化した状態と言われるのが膿疱性乾癬です。赤くなった皮膚に膿疱(うみを持った水疱)が多数みられるようになり、発熱や倦怠感などを伴います。

尋常性乾癬が悪化して膿疱性乾癬に移行する場合や、最初から膿疱性乾癬を発症することもありますが、膿疱性乾癬は非常にまれで、厚生労働省難治性疾患克服研究事業の指定難病に指定されています。

通常の乾癬治療とは異なり、膿疱性乾癬の場合は入院による治療が必要です。膿疱性乾癬の症状が、掌や足の底にだけ現れる場合は「掌蹠膿疱症しょうせきのうほうしょう」と呼ばれます。

乾癬治したい人は治ります

乾癬治したい人は治りますとてもインパクトのあるこのタイトル「乾癬治したい人は治ります」。刊行されたのは2007年4月10日なので、もうかなり前に刊行されている本ですが、この本では、ストレスが深く関係しているのではないかと考えられている乾癬のストレスと免疫異常について分かりやすく説明されています。

この本の著者、加藤史子さんの専門は温泉療法や未病管理なのだそうで、未病について20年余の研究を進める中、特に温浴、食、ストレスの3点に注目して実績を得ている方のようです。

刊行当時の略歴では、未病科学研究所首席研究員、日本未病管理研究学会理事長、日本医療福祉学会常任理事、日本経営実務研究学会医療経営部会長など、素晴らしい数々の略歴が記されております。

本の監修をされているのは医師の白井洋一朗さんという方で、TVなどでも活躍されている音楽プロデューサーのヒャダインさんは以前、この本を参考にして乾癬を改善する様子をWEBサイトの連載の中で記しておりました。

著者の加藤さん曰く、患者さんとのカウンセリングから、必ずと言っていいほど発病より半年から一年前に強いストレスに見舞われていると記されています。

ストレスで自律神経が乱れ、心身のバランスを崩して乾癬が発症するのではないかと考えられているようで、ストレスの影響を大きく受ける自律神経の乱れが皮膚に現れた病気が乾癬なのではないかと考えているそうです。

自律神経の乱れを治す特効薬はない

自律神経の乱れは心身にさまざまな影響を及ぼすので、まずはストレスを軽減して自律神経を整えることが大事だというのがこの本の主旨なのですが、自律神経は一旦乱れると元に戻りにくくなるそうで、対処法もあまりなく、自律神経の乱れを治す特効薬はないということです。

この本では自律神経を整える最も良い方法として温泉療法を勧めています。

自律神経の調整やストレスの軽減に効果的な温泉療法

温泉療法はストレス改善や薬用効果があり、温泉の中でも特に療養効果が高い泉質の温泉は「療養泉」と呼ばれています。

平成26年7月1日付で改訂された温泉(療養泉)の一般適応症(効能)には、「自律神経不安定症」や「ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)」と明記されるようになりました。つまり自律神経の調整やストレスの軽減にも効能があるということです。

温泉療法を勧める主な理由として次の点を挙げています。

  1. 血液をつくっている細胞群を活性化させ、血行を良くする
  2. 血液の循環不全が正され、自然回復能力が高まる
  3. 自律神経にはたらきかけ、賦活(活力を与えること)し、バランスを是正する
  4. 特に免疫機能、ホルモン系を正す
  5. 副作用がなく、体にやさしい

このような効果があり、温泉含有成分が自律神経の調整や、皮膚の再生にとてもいいことは医学的にも証明されているということで、温泉療法を勧めているのですね。

特に日本人はお風呂に入る習慣があり、温泉が大好きなので温泉療法は相性がいいといえるのではないでしょうか。

お風呂や温泉に入ると心身ともに癒されてリラックスできます。意識的に自律神経を整えるためにお風呂や温泉に入るという人はあまりいないかもしれませんが、無意識のうちに自律神経の調整に役立っているのですね。

温泉療法は本来人間が持っている『自然治癒力』を高めて治す根治療法といわれ、医療が発達した現代においても温泉療法をすすめるお医者さんが増えています。

入浴は肌への影響が一番大きい生活習慣です。薬に頼らず、薬の副作用も心配することなく乾癬を改善したいという人にとっては、最適の自然治療といえるかもしれません。

著者である加藤史子さんは温泉療法が専門ということもあり、この本の他にも「乾癬のための温泉ガイド」という著書も出されています。

家庭でもできる温泉療法

優れた温泉の効能によって得られる様々な効果が乾癬の改善に役立つ温泉療法ですが、日常生活において、すぐに温泉に行けるという人もなかなかいないかもしれません。

そこでこの本の著者がおすすめしているのが家庭温泉療法です。

家庭温泉するための3つの方法

家庭温泉は天然温泉のもつ効用を応用して、家庭でも温泉と同じ効果を得られるように「湯の花」「天然ミネラル鉱泉石」「有機ゲルマニウム」を利用します。

湯の花
湯の花とは温泉に含まれる成分や物質が結晶し、沈殿したものを採取して乾燥させた粉末状のものを指します。湯の花は温泉成分のかたまりなので、天然の浴用入浴剤として温泉地では人気のお土産となっており、家庭でも本格的に有名な温泉の効能を味わうことができます。

この本では、大分県の別府温泉と明礬温泉の湯の花を勧めています。また、乾癬に効く温泉として有名になった北海道の豊富温泉とよとみおんせんの浴用入浴剤「サロベツ大地恵泉」も同じような効果が得られると思いますのでぜひお勧めです。

豊富温泉については、このブログではたびたび紹介しておりますので興味のある方は参考にしてみて下さい。「乾癬に効く温泉 豊富温泉

天然ミネラル鉱泉石
天然ミネラル鉱泉石は数種類の天然鉱石が混ざり合ったもので、主に温熱作用と含有成分作用があるといわれています。

温熱作用は副交感神経を直接刺激することによって血管が拡張され、末端の毛細血管にまで十分に血流が行き渡ることで老廃物をどんどん排出して細胞の新陳代謝を活発にします。

また含有成分作用では、鉱石に含まれる成分がイオン化してお風呂のお湯に溶け込み、入浴するだけで直接体内に吸収されます。温熱作用や細胞機能の正常化作用を強める役目もあります。

この本では次の8つ天然ミネラル鉱泉石が紹介されています。

  • 水晶(クォーツ)
  • トルマリン(電気石)
  • 雲母(うんも)
  • 沸石(ふっせき)
  • 大理石
  • 麦飯石
  • 北投石
  • 医王石
有機ゲルマニウム
有機ゲルマニウムはアロエの葉やクコの実などの植物に含まれるゲルマニウム物質で、最近では高品質で高純度の有機ゲルマニウイムを合成したものもあり、エステなどの美容目的でも利用されています。

ゲルマニウム温浴では、粉末状の有機ゲルマニウムをお湯に溶かした40〜43℃のお湯に手足を15〜30分程度つける入浴方法のことです。一般的にゲルマニウム温浴とは、この「有機ゲルマニウム」を用いておこなう温浴法のことを指しており「無機ゲルマニウム」ではありません。

手軽にゲルマニウム温浴が楽しめる「ゲルマニウム温浴ボール」などもあります。

著者の加藤さんは乾癬改善のメカニズムを次のように解説しています。

家庭温泉は天然温泉のもつ効用を応用したもので自律神経を調整します。温泉に溶け込んでいる成分が体に浸透し、温熱作用によって副交換神経が刺激され、血液循環が促進されます。酸素や栄養物が細胞のずみずみにまで運ばれ、老廃物が排出され、全身の働きが改善されます。

自律神経が調整されると、自律神経のもとにある脳下垂体が刺激を受け、ホルモンの分泌を促し、副腎に働きます。副腎には髄質と皮質があり、ここからアドレナリン、コーチゾンやそのほかのホルモンを出すようになります。この作用によって血液が浄化され、ペーハー(pH)が調整されます。

酸性に傾いた血液は弱アルカリ7.3~7.4に補正されます。血行が改善され、細胞が賦活し、免疫力も強化されてきます。こうして皮膚の異常が改善され、元の皮膚に再生していくのです。

引用元:乾癬―治したい人は治ります

増加傾向にあるといわれる乾癬の罹患率

世界的にみると、人口の約3%にあたる約1億2500万人が乾癬に罹患しているといわれています。

日本ではそれほど乾癬という病気を知られていない印象がありますが、日本よりも乾癬の患者さんが非常に多い欧米では、乾癬は一般的に広く知られた病気のようです。欧米の食生活なども関係しているのか、乾癬は白色人種系に多い傾向があるようです。

しかし近年では日本でも乾癬の患者さんは増加傾向にあり、10万人とも20万人といわれています。また、日本では乾癬の患者さんの男女比は2:1となっているようで、男性の方が多い傾向のようです。

乾癬に限ったことではありませんが、健康上のトラブルは早い段階に適切な処置をするのが何よりです。今回、乾癬発症の原因と考えられているストレスと免疫異常については「乾癬 治したい人は治ります」というタイトルの本を紹介しました。

表紙のキャッチコピーには、「決め手は回復力。乾癬は日常生活のなかで、患者さん自身がつくりだしたもの。自分でつくった病気は、自分で必ず治せます。効果バツグン、自分でできる家庭温泉療法のすべて」と記されています。

古い本ですがAmazonなどで買えると思います。乾癬発症の原因と考えられているストレスと免疫異常について分かりやすく説明しているので、興味のある人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

また、この本でおススメしている家庭でもできる温泉療法には、豊富温泉の源泉から作られている「豊富温泉の恵み 肌うれし」はおすすめです。

豊富温泉の恵み肌うれし
豊富温泉の恵み肌うれし商品一覧