アトピー肌に優しいおすすめの入浴剤5選アトピーなどの敏感肌の方の中には、毎日の入浴が辛くて悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

バリア機能が低下して、わずかな刺激にも敏感になったアトピー肌は、水道水に含まれる塩素が刺激の原因になることもあるようです。

そのためアトピー肌の場合、お風呂に入浴剤を入れて刺激を緩和するという人もいると思いますが、いろいろな入浴剤を使ってみたけど、なかなか肌に合わないということもあると思います。

そこでここでは次のポイントを重視して、アトピー肌におすすめの入浴剤5つを厳選してみました。

アトピー肌におすすめする入浴剤のポイントは以下の4つ。

Point

  • 肌の刺激の原因となる合成成分の配合が少ない
  • 保湿効果がある
  • アトピー肌に効果的な成分などが含まれている
  • 塩素除去効果がある

まずはアトピー肌におすすめの入浴剤のポイントを順番に見ていきましょう。

合成成分の配合が少ない入浴剤

アトピー肌の入浴剤は肌の刺激の原因となる合成成分の配合が多いものは避けるようにしましょう。

一般的な入浴剤を浴槽にいれると、いい香りや綺麗な色がついたりして気分を高揚させてくれます。

しかしこのような入浴剤は大抵の場合、香料や着色料などは合成成分が使用されています。

合成成分が全く含まれていない入浴剤となると選択肢も限られてしまうので、なるべく刺激の原因となる合成成分の配合は少ないものを選ぶのが基本です。

保湿効果がある入浴剤

アトピー肌にとって入浴後の乾燥は大敵です。なので肌に潤いを与える保湿成分が入っている入浴剤がおすすめです。

基本的に入浴剤に含まれている保湿成分の保湿効果は、お風呂上がりの乾燥を和らげるくらいのものなので、入浴後は保湿クリームなどで、しっかり肌の乾燥対策をすることが大事です。

しかし保湿成分そのものが刺激の原因になることもあるので、保湿成分ばかりが多く入っている入浴剤は注意が必要です。

保湿成分といえど合成成分はなるべく少ない方がいいので、自分の肌に合う保湿成分を選ぶようにしましょう。

アトピー肌に効果的な成分が含まれている

アトピー入浴剤 薬用植物系薬用植物系の成分が配合されている入浴剤はアトピー肌におすすめです。

カミツレ(カモミール)やヨモギエキス、ヒバなどは抗菌作用や抗炎症作用などの効果が期待できるものもあり、入浴しながら効果的に肌のケアが行えます。

アトピーの症状などは人それぞれなので、一概に薬用植物系の成分が配合されていればいいとはいえませんが、薬用植物系のような天然成分は肌へのさまざまな効果が期待できます。

気にる方は薬用植物系の成分が配合されている入浴剤を試してみるのもいいと思います。

アトピー肌の入浴剤は塩素除去効果があるものがおすすめ

水道水の殺菌消毒には塩素が使われていますが、アトピー肌は水道水に含まれる塩素が刺激の原因になることもあります。

蛇口やシャワーヘッドを浄水器に変えて塩素除去するのもいいですが、まずは塩素除去成分が含まれている入浴剤を選ぶといいかもしれません。

いきなり高いお金をかけて浄水器を付けても効果が無かったら高くつきますよね。

また、お風呂にビタミンCの粉末を入れると塩素除去(中和)効果があるようです。

特に入浴専用のビタミンC粉末というのは販売されてないので、食品添加物や医薬品などとして販売されているビタミンCの粉末で大丈夫です。

いろいろな入浴剤を試しても肌に合わないという人は、塩素除去成分が含まれている入浴剤やビタミンCの粉末で試してみて、肌の調子が良さそうなら蛇口やシャワーヘッドを浄水器に変えてもいいかもしれません。

アトピー肌に優しいおすすめの入浴剤5選

アトピー肌に優しいおすすめの入浴剤5選さて、それでは以上のポイントを踏まえてアトピー肌に優しいおすすめの入浴剤を5つ紹介します。

全ての条件を満たしている入浴剤はなかなかないので、以上のようなポイントのどれかに当てはまる入浴剤という視点で厳選してみました。

アトピタ(薬用保湿入浴剤)

アトピタ(薬用保湿入浴剤)まずはアトピーなどの肌トラブル用の入浴剤として、多くのサイトで紹介されているアトピタ。

アトピー肌の赤ちゃん用の入浴剤として使うお母さんが多いことでも知られる、肌に優しい低刺激の入浴剤です。

アトピー肌の入浴剤は、刺激の原因となる合成成分が多く含まれているものは避けて、なるべく合成成分の配合が少ないものがおすすめです。

アトピタは無香料・防腐剤無添加で、肌荒れ防止成分の天然生薬有効成分の「ヨモギエキス」などを配合して、刺激の原因となるような成分は含まれていないので、肌に優しくアトピー肌におすすめの入浴剤です。

お風呂にアトピタを入れるとお湯の色が緑色っぽく変化しますが、これは合成着色料ではなく、天然色素のヨモギの色です。

また、アトピー肌は入浴後の肌の乾燥にも気を付けなくてはいけません。

そのためアトピー肌には保湿成分が含まれている入浴剤がおすすめですが、アトピタには保湿成分も含まれています。

Amzonや楽天などのネット通販を始め、近くのドラッグストアでも買えるお手頃さも魅力です。

アトピタ(薬用保湿入浴剤)
内容量 500g(ボトルタイプ)
価格 1,400円(税抜)

※商品の価格などについては変更になる場合があります。購入の際は公式サイトを確認して下さい。
アトピタ公式サイト

華密恋(薬用入浴剤)

華密恋(薬用入浴剤)肌に良いことで知られ、ハーブの女王といわれるカモミールを凝縮して作られている肌に優しい入浴剤です。

商品名の華密恋(カミツレン)の由来ともなっている「カミツレ」とは、ジャーマンカモミールの和名です。カモミールには保湿効果があり、抗炎症作用や抗アレルギー作用もあるといわれています。

そのためヨーロッパでは4000年以上も前から薬草として親しまれ、さまざまな肌トラブルにおすすめのハーブとしても知られています。

華密恋は国産カミツレエキス100%の薬用入浴剤で、合成着色料や合成保存料、合成香料などの合成成分は使用せず、配合成分は可能なかぎりオーガニック原料が使用されてます。

「肌に余計なものは一切入れない」というこだわりの製法を守り続け、肌に優しくあらゆる人が安心して使用できることを前提にして作られた入浴剤です。

入浴後の保湿力もアトピー肌にはおすすめの理由ですが、ハーブの香り独特のリラックス効果が得られるのも、この入浴剤の特徴です。

華密恋(薬用入浴剤)
内容量 400ml(ボトルタイプ)
価格 2,376円(税込)

※商品の価格などについては変更になる場合があります。購入の際は公式サイトを確認して下さい。
華密恋公式サイト

キュレル(入浴剤)

キュレル(入浴剤)乾燥性敏感肌のために作られたスキンケア商品、キュレルシリーズの入浴剤です。

アルコールフリーで刺激成分が少なく、潤い成分のセラミド機能成分とユーカリエキスが配合されていて、入浴後の乾燥も緩和してくれます。

乾燥性敏感肌向けということで、保湿を重視した入浴剤といえそうですが、無香料なので余計な香りが苦手の人にもおすすめです。

キュレルシリーズはスキンケア商品の種類も多いので、入浴剤が肌に合うようなら他のスキンケア商品も一緒に使ってみるといいかもしれません。

大手化粧品メーカーの商品というだけあって知名度も高く、アトピーなどの敏感乾燥肌用のスキンケア商品としては定番ともいえるキュレルシリーズの肌に優しい入浴剤です。

キュレルについてはそれほど説明する必要もないと思いますが、ネット通販を始め、身近なドラッグストアでも買えます。

キュレル(入浴剤)
内容量 420ml(ボトルタイプ)
価格 1,080円(税込)

※商品の価格などについては変更になる場合があります。購入の際は公式サイトを確認して下さい。
キュレル公式サイト

心休水(入浴剤)

心休水(入浴剤)心休水は入浴による肌トラブルからお肌を守りたいという想いから開発された肌に優しい入浴剤です。

アトピーなどの敏感肌でも安心して入浴できるように、化学物質を一切使用せず、天然100%の原料から作られています。

化学物質には経皮毒性の懸念がありますが、入浴中は体温が上がるため皮膚の細胞が活性化されて、経皮毒性の吸収率が高まると言わています。

化学物質不使用といのは、このような入浴中の経皮毒性にも配慮されているということです。

また、主原料となっている青森ヒバにはヒノキチオールという成分が含まれており、アトピーの原因の1つである黄色ブドウ球菌への抗菌作用があります。

ヒノキチオールは殺菌作用や抗菌作用、かゆみなどを抑える消炎作用などもあるといわれています。天然成分なので肌に優しく、ヒノキチオールを配合した多くのスキンケア商品が作られています。

心休水の原料は、全て食品または食品に準ずるものなので、万が一口に入れても害がなく、天然の青森ヒバの香りでリラックス効果も得られます。

心休水(入浴剤)
内容量 600ml(ボトルタイプ)
価格 3,650円(税込)

※商品の価格などについては変更になる場合があります。購入の際は公式サイトを確認して下さい。
心休水公式サイト

サロベツ大地恵泉(浴用温泉水)

サロベツ大地恵泉(浴用温泉水)アトピーなどの肌トラブルに悩む方たちからは「奇跡の湯」とも呼ばれる豊富温泉の浴用温泉水です。

温泉大国の日本といえど、アトピー湯治で豊富温泉の右に出る温泉はないといっても過言ではありません。

サロベツ大地恵泉は豊富温泉をそのまま7倍に濃縮して作られており、豊富温泉のお湯とサロベツ大地恵泉の違いは、濃縮されていることと『ヨウ素』がイオン化されていることです。

イオン化しないと肌に作用しないため、85度〜100度で熱してイオン化されており、薬品や添加物は一切使用されていません。

イオン化されたヨウ素とメタホウ酸は殺菌作用があり、痒みや炎症の原因とされる『黄色ブドウ球菌」の繁殖を抑えます。

また、サロベツ大地恵泉をお風呂に入れると塩素が消えるので、塩素除去効果もあってアトピー肌におすすめです。

豊富温泉は世界的に見ても非常に珍しい原油を含んだ泉質の温泉として知られ、肌への優れた効能は皮膚科医も推奨する温泉として有名です。

サロベツ大地恵泉を家庭のお風呂で使うと、油分で浴槽の掃除が大変になるのではと気になる人もいると思います。

「サロベツ大地恵泉」は、豊富温泉を家庭のお風呂でも使用できるように研究を重ね、濃縮する段階で油分はほとんど無くなり、無色無臭に近い状態に作られています。そのためお風呂掃除が大変になることはありません。

サロベツ大地恵泉は、あの豊富温泉がそのまま濃縮された浴用温泉水です。

サロベツ大地恵泉(豊富温泉濃縮水)
内容量 500ml(6本入り)
価格 4,500円(税込)

※商品の価格などについては変更になる場合があります。購入の際は公式サイトを確認して下さい。
サロベツ大地恵泉公式サイト

入浴後の乾燥対策は忘れない

アトピー肌におすすめの入浴剤5つを厳選してみました。あらためて今回厳選した入浴剤のポイントをみてみましょう。

アトピー肌におすすめする入浴剤のポイントは以下の4つ。

Point

  • 肌の刺激の原因となる合成成分の配合が少ない
  • 保湿効果がある
  • アトピー肌に効果的な成分などが含まれている
  • 塩素除去効果がある

アトピーなどの敏感肌向けの入浴剤は多くの種類があって悩んでしまいますが、以上のような点を踏まえて選んでみるといいと思います。

肌質は人それぞれなので、どの入浴剤が合うかは使ってみないと分からないところがありますが、肌に優しい入浴剤選びの参考にしていただければ幸いです。

ひとつ注意したいのは、あくまでも入浴剤の保湿成分はお風呂上がりの肌の乾燥を緩和する程度のものです。入浴後の肌の乾燥対策は忘れないようにして、保湿クリームなどでしっかり保湿ケアをするようにしましょう。

また、アトピーの症状によっては皮膚科などの専門医に相談してからご使用するようにして下さい。

今回紹介したアトピー肌に優しいおすすめの入浴剤

  • アトピタ(薬用保湿入浴剤)
  • 華密恋(薬用入浴剤)
  • キュレル(入浴剤)
  • 心休水(入浴剤)
  • サロベツ大地恵泉(浴用温泉水)