アトピーや敏感肌におすすめの低刺激なシャンプーアトピーや敏感肌の方で、シャンプー選びに悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。

シャンプーは頭皮に直接刺激を与える生活習慣です。アトピー体質のような敏感肌の方の場合、紫外線や頭皮の乾燥だけではなく、シャンプーの刺激によって頭皮のかゆみやフケなどの頭皮トラブルを引き起こしてしまうことがあるようです。

刺激が少なくて頭皮や地肌に優しいシャンプーとはいっても、なかなか自分に合ったシャンプーを見つけるのは大変なのかもしれません。

そこで今回は、アトピーや敏感肌の方におすすめなシャンプーの成分や、その理由について調べてみました。

アトピーや敏感肌におすすめのシャンプーの成分は?

アトピーや敏感肌におすすめのシャンプーの成分シャンプーの成分を大きく分けると次の3つに分類できます。

  • 高級アルコール系
  • 石鹸系
  • アミノ酸系

結論からいうと、この3種類の中でアトピー体質や敏感肌の方におすすめなシャンプーの成分は『アミノ酸系』です。

ここで一つ注意したいのが、アミノ酸系のシャンプーではなく『アミノ酸配合』というシャンプーには注意が必要です。アミノ酸系のシャンプーとは、その名の通りアミノ酸系の洗浄成分(界面活性剤)を主成分にしているシャンプーのことです。

しかしこの『アミノ酸配合』と謳っているシャンプーの中には、高級アルコール系や石鹸系が主成分となっており、それらの主成分に少量のアミノ酸系の洗浄成分が加えられたものがあります。

高級アルコール系や石鹸系のシャンプーは洗浄力が強いので、特に頭皮トラブルなどが無いという方にはいいかもしれませんが、アトピー体質のようにデリケートな肌で頭皮トラブルに悩んでいるような方には不向きです。

アミノ酸系のシャンプーを購入の際には、しっかり内容成分を確認して、主成分にアミノ酸系の界面活性剤を使用しているシャンプーを選ぶようにしましょう。

アミノ酸系シャンプーの成分と判別方法

アミノ酸系のシャンプーといっても、よほど成分に詳しい人ではない限り、そのシャンプーの成分がアミノ酸系なのかは判別できないのではないでしょうか。

そこでアミノ酸系シャンプーに配合されている主なアミノ酸の成分を幾つか書いておきます。

主なアミノ酸の成分は以下のようなものです。

  • グルタミン酸
  • メチルタウリン
  • メチルアラニン
  • サルコシン
  • グリシン

これだけではないですが、アミノ酸系のシャンプーは、上記のようなアミノ酸系の成分を示す言葉が含まれています。

基本的にアミノ酸系の洗浄成分(界面活性剤)は、このようなアミノ酸系の成分に脂肪酸とアルカリ剤の成分を合成して作られます。

アミノ酸系シャンプーの成分表示でよく見かける、ココイルグルタミン酸TEAやラウロイルメチルタウリンNaなどは、グルタミン酸やメチルタウリンという『アミノ酸』に、ココイルやラウロイルといった『脂肪酸』と、TEAやNaといった『アルカリ剤』が合成されているということになります。

ココイルグルタミン酸TEAやラウロイルメチルタウリンNaなどといわれると、なんだかとても難しく感じますが、グルタミン酸やメチルタウリン、グリシンなどという言葉を覚えておくだけでも、そのシャンプーがアミノ酸系の成分を使用しているのかが判別しやすくなると思います。

アトピーや敏感肌にアミノ酸系シャンプーがおすすめの理由

アトピー体質のような敏感肌の方に、なぜアミノ酸系のシャンプーがおすすめなのかというと、アミノ酸系のシャンプーは、シャンプー剤の中では最も低刺激で肌に優しいという特徴があるからです。

シャンプーは髪の汚れはもちろん、頭皮に残った余分な皮脂などの汚れを洗い流して頭皮環境を清潔に保ってくれます。

例えば高級アルコールや石鹸系のシャンプーは、皮脂に対する洗浄力が強いので、必要以上に頭皮の皮脂を落とし過ぎる傾向があります。

皮脂は頭皮を保護するバリア機能の役割もあるので、皮脂が必要以上に洗い流されてしまうとバリア機能が低下して、頭皮がカサカサした乾燥状態となり、様々な頭皮トラブルの原因になりかねません。

頭皮のトラブルは、肌のバリア機能の低下が主な原因のようですが、紫外線や空気の乾燥だけではなく、シャンプーによる刺激でもバリア機能が低下すると言われています。

その点、アミノ酸系のシャンプーは適度の洗浄力で髪の汚れや余分な皮脂はきちんと落としますが、必要な皮脂はしっかりと残してくれます。

皮脂を落とし過ぎることなくバリア機能の低下を防いでくれるので、アトピーや敏感肌の方にはアミノ酸系のシャンプーが最も適しているといえるでしょう。

肌トラブルなどとは無縁で肌が強く、スッキリ爽快感を求める人には少し物足りないかもしれませんが、洗浄力が強過ぎず、頭皮と髪の両方に負担をかけずに頭皮の環境を保ってくれるというのは、アミノ酸系シャンプーならではの特徴といえます。

アトピーや敏感肌の方にアミノ酸系のシャンプーがおすすめと言われるのは、主にこのような理由のからです。

アミノ酸系のシャンプーは、保湿性も高いので洗髪後に髪がパサつきにくく、生分解性にも優れているという特徴もあります。

アミノ酸系シャンプーのメリットとデメリット

アトピー体質の方にアミノ酸系シャンプーがおすすめでも、やはりいいことばかりではないでしょう。

簡単にアミノ酸系シャンプーのメリットとデメリットをまとめてみます。

アミノ酸系シャンプーのメリット

これまで述べてきたように、なんといってもアミノ酸系シャンプーは低刺激で頭皮や髪に優しいというのが一番のメリットといえるでしょう。

アトピーや敏感肌の方にとって、やはり刺激が強いシャンプーは避けたいものです。

シャンプーに含まれるアミノ酸が髪へ浸透して、髪を修復する効果が期待できたり、保湿性が高いので乾燥からくるフケなどの頭皮トラブルにも効果的だと言われています。

アミノ酸系シャンプーの主なメリット
  • 低刺激で頭皮や地肌に優しいので肌に負担がかからない
  • 洗浄力がマイルドなので余分な皮脂まで取り除かない
  • 保湿性が高いので乾燥しやすい頭皮のフケにも効果的

アミノ酸系シャンプーのデメリット

アミノ酸系シャンプーのデメリットといえば、比較的価格が高めな商品が多い傾向にあります。

また洗浄力が強くはないので、整髪料をたくさんつける人などは、一回の洗髪ではなかなか整髪料が洗い流せなかったり、スッキリ爽快感を求める人には少し物足りないということもあるようです。

アミノ酸系シャンプーの主なデメリット
  • 商品の価格が高い傾向がある
  • 保湿性が高い分、髪がしっとりとして重ためになる傾向がある
  • 洗浄力が強くはないので、一回の洗髪では整髪料が洗い流せないこともある

アミノ酸とは

アミノ酸とは人の身体の元となるタンパク質を構成している成分です。

私たちの身体は約60%が水分で、残り40%のうち半分の20%がタンパク質だと言われています。水分を除くとアミノ酸は身体の大部分を占めていることになります。

皮膚や髪の毛もアミノ酸から構成されていることを考えれば、頭皮や髪に優しく、なじみやすいというのもうなずけるのではないでしょうか。

アトピーや敏感肌には成分の種類が少ないシャンプーがおすすめ?

数多くあるアミノ酸系のシャンプーの中でも、アトピー体質のような敏感肌の方には、なるべく成分の種類がシンプルな方が良いといわれます。

成分が30~40種類以上入っているシャンプーも珍しくはないですが、アトピーや敏感肌の方は出来るだけ成分表示に記載されている成分が少なめのシャンプーの方が良いかもしれません。

シャンプーの成分が多いほど、配合された成分にアレルギー反応を起こす確率も高くなってしまいます。

頭皮トラブルのケアに最適なアミノ酸系シャンプー

アトピー体質のように肌がデリケートな方には、低刺激で肌に優しいアミノ酸系のシャンプーがおすすめですが、一概にアミノ酸系シャンプーとはいっても、多種多様のアミノ酸系シャンプーが販売されています。

単に洗い流すというよりは、かゆみやフケなどの頭皮トラブルのケアまで考えているのがアミノ酸系シャンプーの特徴です。

アミノ酸系のシャンプーといえど、必ずしも誰にでも合うとは限りませんが、シャンプー選びの参考にして頂ければ幸いです。

アトピーや敏感肌におすすめの低刺激なシャンプーの要点
  • アトピーや敏感肌にはアミノ酸系シャンプーがおすすめ
  • シャンプーの成分は少めのものがおすすめ