アトピー肌は皮膚を清潔にして潤いを保つことが大切ですが、アトピーは乾燥肌で刺激に敏感なので、毎日の洗顔や入浴の時に使うお肌に優しい石けんを探しているという方も多いと思います。

アトピー肌の石けんやシャンプーは低刺激の物を選ぶのが基本で、石けんやボディーソープを変えただけで乾燥肌の状態が改善したという方も多いようです。

アトピーなどの敏感乾燥肌で悩んでいる方の中には、色々な石けんを試してみたけど、なかなか自分のお肌に合うものが見つからないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、そのような方に是非知っていただきたいアトピー肌におすすめの石けんをご紹介します。

アトピーには無添加せっけんがいい?

アトピー肌のような敏感乾燥肌には無添加せっけんがいいと言われます。一般的に無添加石鹸とは肌への刺激が強い着色料や香料、界面活性剤や防腐剤などの成分が、添加物として含まれていない石けんを指しています。

しかし無添加の表示に関する法律上の明確な基準は設けられてないため、無添加という表示があっても添加物が含まれている場合があります。もちろん全く添加物が含まれていないものもあると思いますが、ある特定の添加物だけが含まれていない場合も無添加と表記することがあるのです。

つまり無添加というのは『添加物が全く含まれていない』という意味ではありません。そのため無添加の石けんを使ってみたけど肌に合わなかったという人や、肌の状態が全然改善しないという人も多いようですが全く不思議なことではありません。

いろいろな石けんを試してみたあげく、無添加の石けんまでも肌に合わなかったとなれば少しネガティブになってしまいそうですが、石けんに含まれている何らかの成分が合わなかったのだと考えると納得できます。

なので無添加の石けんを使っているのに肌の状態が全然改善しないからといって必要以上に気にし過ぎないようにして、また新たに自分の肌に合う石けんを探すようにすればいいのではないでしょうか。

無添加の石けんだからといって添加物が一切含まれていない訳ではなく、必ずしもアトピー肌に無添加せっけんがいいとは限りません。

石けんの成分は大きく分けて二つ

そもそも石けんの成分とはどのようなものがあるのでしょうか。

石けんは大きく分けてナトリウム石鹸(ソーダ石鹸)カリウム石鹸(カリ石鹸)の二つに分けることが出来ます。

ナトリウム石鹸は油脂に水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を加え、脂肪酸ナトリウムが作られて石鹸になったもので、主に固形石鹸や粉石鹸になります。

カリウム石鹸は油脂に水酸化カリウム(苛性カリ)を加え、脂肪酸カリウムが作られて石鹸になったもので、主に液体石鹸になります。脂肪酸イオンが多く含まれるため、固形石鹸より保湿力に優れています。

成分表示などで石けん素地と記載されているのは、この脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムのことを指しており、両方を併用しているものはカリ含有石鹸素地と表示されます。

アトピー肌には固形の石けんが良い?

石けんはナトリウム石鹸とカリウム石鹸に分けられることが分かりましたが、アトピー肌には固形の石けん(ナトリウム石鹸)が良いといわれることがあります。

刺激に敏感なアトピー肌には香料や着色料などの余分な添加物成分が入っていないものが良く、一般的に液体の石けん(カリウム石鹸)に比べて固形の石けんは成分がシンプルな傾向にあるのが主な理由のようです。

しかし最近では液体の石けんも成分がシンプルなものがあるので、一概に成分だけで固形の石けんの方が良いとはいえないかもしれません。

ただ固形の石けんは泡切れが良いので、成分が皮膚に残りずらいというメリットがあります。添加物などが含まれる石けんの場合、皮膚に成分が残ってしまうことでアトピー肌の悪化に繋がってしまう場合もあるでしょう。

その点に関しては固形の石けんが良いといえそうですが、低刺激で自分の肌に合う石けんであれば形状にこだわる必要はないといえそうです。

アトピー肌に優しい石けん

さて前置きはこのくらいにして、アトピーなどの敏感乾燥肌におすすめの石けんをご紹介します。

豊富温泉の恵み 肌うれし石けん

アトピー肌におすすめの石けん 肌うれしせっけんこの石けんはアトピー湯治で有名な豊富とよとみ温泉の天然成分を使用して作られています。豊富温泉はお肌に良いことで知られ、完治が難しいとされるアトピーや乾癬などの肌トラブルにも効果があるとして多くのメディアで取り上げられているのでご存知の方も多いと思います。

あの豊富温泉の源泉を濃縮して、ハチミツとハーブオイルをブレンドして石鹸素地に練り込み、ひとつずつ丁寧に作られた石けんです。非常にシンプルな成分で香料や着色料、保存料などの添加物は含まれていません。

ドラッグストアなどで見かけることはないと思うので、豊富温泉のことは知っていても豊富温泉の温泉成分で出来た石けんがあるとは知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

基本的に無添加の石けんは無香料で、原料となる油脂などの独特の匂いが若干するので気になるという人もいると思います。肌うれし石けんは豊富温泉の温泉成分に含まれる、豊富温泉独特の油分の匂いがするので、人によっては気になるという人もいるかもしれませんが、自分の肌に合う良い石けんはないかな?と探している人がいたら、ぜひ一度お試しください。

北海道の天然温泉「豊富温泉」は肌のトラブルに悩む方々が、全国から湯治とうじに訪れることで知られています。豊富温泉の優れた効能は皮膚疾患に悩む方々から「奇跡の湯」とも呼ばれ、全国にある約3,200の温泉から特に薬効が高くて療養・保養に優れた温泉を、医師(温泉療養医)が推薦した温泉地100選に認定されました。

温泉成分は美肌効果が期待できるなど肌に良いとして注目されており、現在では温泉成分を含む石けんや化粧水などの様々なスキンケア商品が数多く販売されています。肌うれし石けんは皮膚疾患に高い効能をもつ豊富温泉の天然の油分で出来た肌に優しい石けんです。

【肌うれし石けん内容成分 – 香料・着色料・保存料無添加】
  • 石けん素地
  • 温泉水(豊富温泉)
  • ハチミツ
  • 塩化Na
  • カミツレ花エキス
  • パプリカエキス

肌うれし石鹸のご購入はこちら

豊富温泉の恵み 肌うれしボディーソープ

アトピー肌におすすめのボディーソープ 肌うれしボディーソープ肌うれし石けんには液体の石けん『肌うれしボディーソープ』もあります。普段ボディーソープを使い慣れている方にはおすすめです。

肌うれし石けんを洗髪にも使いたいという方は、容器に入れて使えるボディーソープは液体の石けんなので使い勝手が良いと思います。

使う方の好みに合わせて固形の『肌うれし石けん』と、液体の『肌うれしボディーソープ』を使い分けてみてはいかがでしょうか。

※肌うれしボディーソープは詰替え用のみとなっております。ご家庭で容器をご用意いただき詰め替えてご使用ください。

【肌うれしボディーソープ 配合成分特性】
カリ石ケン素地 皮膚に対して低刺激な洗浄剤。生分解性に優れているので地球にも優しい成分です。
グリセリン 別名グリセロールと呼ばれ幅広い化粧品・医薬品などに使われています。皮膚膜の分解によって生成する皮膚成分でもあるグリセリンは、もっとも古くから用いられてきた安全性の高い保湿成分の一つです
カワラヨモギエキス キク科の多年草植物であるカワラヨモギの花や葉、茎から抽出したエキスで、細胞修復や抗アレルギー作用、抗炎症作用、保湿作用など、多岐にわたり非常に優れた効果・効能が期待できます。有効成分にはタンニン、フラボノイド、精油を含み、抗菌効果があるので肌を清潔に保ち肌荒れを防ぐ目的で配合されています。
チョウジエキス フトモモ科のチョウジ(丁子)のつぼみから抽出されたエキスで、古くから腹痛や消化不良などを抑える目的で漢方として使われてきた歴史があります。細菌に対して強い抗菌性(殺菌・抗炎症・防腐効果)を期待して配合されています。
カプリル酸グリセリル 植物油脂に含まれる脂肪酸をエステル化して合成した成分です。天然由来の合成界面活性剤のひとつで、安全性が高いことから食品や医薬品でも利用されています。他の成分と相溶性が良く、腐敗や酸化もしにくく保湿効果に優れているため、扱いやすい成分として比較的安全性を重視したスキンケア製品で利用されています。
エチルヘキシルグリセリン 湿潤性があり保湿性が優れ、消臭や抗菌作用がある成分です。抗菌作用があるので、安全性を考慮している化粧品などに、防腐剤の量を軽減するために配合されています。
BG(ブチレングリコール) 皮膚に対する刺激が低く、適度の抗菌力と肌をしっとりとさせる保水目的で配合されることが多い成分です。グリセリンと似た働きをする成分として知られていますが、グリセリンよりもサラリとした使用感が特徴とされています。保湿性はグリセリン、抗菌力はBGの方が優れています。
シソエキス シソ科植物のシソや近縁植物の花や、葉から得られるエキスで、抗アレルギー作用があるので、アトピー肌用や敏感肌向けのクリームや化粧水の保湿剤、炎症防止剤として配合されている。
EDTA-2Na 製品に含まれる金属イオンを不活性化する成分です。金属イオンをしっかり捕まえ、製品を軟水化することで製品の品質の低下を防ぐことができます。また、金属アレルギーの人が使うとさらに効果的だと言われ、酸化防止、殺菌作用、防腐剤としても効果があります。
PEG-60水添ヒマシ油 トウゴマという植物の種子(ヒマシ)から抽出される、ヒマシ油に水素添加して酸化しにくく改良したもの。植物由来成分であることから、肌に対しては低刺激で安全性が高い成分として広く利用され、医療の分野でも溶化剤として利用されています。
温泉水

肌うれしボディーソープのご購入はこちら

アトピー肌を悪化させない石けん選び

石鹸の歴史は非常に古く紀元前3000年頃から使われていたと言われています。紀元前から今日に至るまで5000年もの悠久の時を経てもなお、石鹸と人の歴史には密接な関係があるようです。

お肌に良いといわれる石けんには無添加や薬用など色々なものがありますが、今回は知る人ぞ知る『肌うれし石けん』をご紹介しました。

大々的な広告宣伝などはしていないので、肌トラブルに悩んでいる方や豊富温泉のことでも知らない限り、『肌うれし石けん』を知る機会は少ないかと思います。

アトピーにかかわらず、ちょっとこだわりの石けんを探していた方など、お肌に良い石けん選びに悩んでいるという方にはおすすめの石けんです。

肌うれし石けんの欠点と言えば近所のドラッグストアでは買えないということがあると思いますが、最近ではインターネット通販が広く利用されるようになり、大変多くのリピーターさんから支えられて、肌うれし石けんを含む肌うれしシリーズは人気の商品となりました。

なかなか自分のお肌に合う石けんが見つからなくても、根気よく自分のお肌に合う石けんを探してアトピー肌の改善にお役立てください。

豊富温泉の恵み 肌うれし豊富温泉のめぐみ肌うれし