背中ニキビは体の他の部分にできるニキビに比べて、できやすくて治りづらいといわれます。

背中は皮膚の角質層が顔の5倍から7倍といわれれるくらい厚く、そもそもできていることに気づきづらいということもあるので、背中ニキビは重症化しやすいともいわれています。

背中ニキビはなぜできるのか?背中ニキビの改善や予防に効果的なスキンケア商品は?など背中ニキビの原因や、背中ニキビにおススメの保湿クリーム、効果的なセルフケア方法などについてご紹介しますので参考にしてみてください。

背中ニキビの原因は?

顔にできる主なニキビの原因は、何らかの理由で毛穴が詰まってしまい、そこに皮脂が溜まり『アクネ菌』が増殖することで発生します。

背中ニキビの場合はアクネ菌だけでなく、マラセチア菌や黄色ブドウ球菌など、いくつかの菌が原因となっているようです。

いずれにしても体にできるニキビは毛穴が詰まることが主な要因のようですが、背中ニキビが悪化しやすいのは肩甲骨付近に皮脂腺が集中しているためだといわれています。

ホルモンバランスの乱れなどによって、肩甲骨付近の活発な皮脂腺から分泌される皮脂が詰まり、細菌が繁殖して炎症が起こります。

マラセチア菌による背中ニキビの正式な病名は『マラセチア毛包炎』と呼ばれ、痒みや痛みなどの自覚症状がなく、自然治癒の可能性が低いといわれています。

目が届かない背中ということもあってなかなか気付くことができず、放置しがちになってしまうということも悪化しやすい原因といえるでしょう。

このように背中ニキビは何か一つの原因ではなく、いくつかの原因が関係して発生しています。

背中ニキビに乾燥は大敵

そもそも背中ニキビは、毛穴が縮小して角栓が発生することが原因です。

そのような原因をつくらないためには、乾燥肌対策をしっかりする必要があります。

通常、皮膚は外から異物の侵入を防ぐバリア機能があって、一番外側は皮脂膜で覆われています。

肌が乾燥すると皮脂膜が取れてバリア機能が低下してしまいます。

その結果、角質層に隙間ができてしまい、背中ニキビの原因となる刺激物質が侵入しやすくなってしまいます。

乾燥している肌の内部では皮脂が過剰に分泌されることもあり、乾燥して硬くなった角質が毛穴を塞いで皮脂がうまく分泌されず溜まりやすくなってしまいす。

肌の乾燥を放っておくと背中ニキビが悪化して、黒ずみや色素沈着の原因になる可能性があります。

まずはしっかり肌の保湿ケアを心がけて、乾燥によるバリア機能の低下を防ぎ、肌本来の力を保つことが大切です。

背中ニキビにおススメの保湿クリーム

肌本来の力を保つためには、まず背中ニキビの原因となる肌の乾燥を防ぐ効果的なセルフケアが大切です。背中ニキビの改善や予防に効果的な保湿クリームを2つご紹介します。

ルフィーナ(内容量60g)

背中ニキビに効果的な保湿クリーム ルフィーナ
まずは有名な背中ニキビ専用クリームのルフィーナ(医薬部外品)

CMなどでも宣伝しているのでご存知の方も多いと思いますが、安心の国内生産で背中ニキビ専用クリームといっても、顔や腕など全身に使えます。

背中ニキビには『保湿』と『バリア機能の強化』が大切というように、ヒアルロン酸をはるかに凌ぐ保湿力を持ついわれるシロキクラゲと、低分子コラーゲンを配合して、角質層の奥に届くしっかりとした保湿にこだわっているのが特徴のようです。

ちなみにシロキクラゲは、世界三大美女の楊貴妃も美容のために食べていたそうです。

背中ニキビの炎症を抑える有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムと、美肌効果がある水溶性プラセンタエキスも配合されています。

内容量が60gで通常価格は9720円(税抜)ですが、定期コースだと初回特別価格の2689円となり、2回目以降は5,918円で購入出来るようです。

肌うれし湯治クリーム(内容量80g)

背中ニキビに効果的な保湿クリーム 肌うれし湯治クリーム
そしてもう一つ、お肌が敏感な方以外はまだあまり知られていないであろう、背中の保湿ケアにとっておきの『肌うれし湯治クリーム(モイスチャークリーム)』

こちらも安心の国内生産で、肌に良いことで知られる豊富温泉の天然油分を使用して作られた保湿クリームです。

奇跡の湯』と呼ばれる豊富温泉の泉質は、世界に2つしかない原油を含んだ非常に珍しい泉質の温泉として知られています。

完治が難しいとされるアトピーや乾癬などの皮膚疾患にも劇的な効能があるといわれ、肌トラブルを抱える方が全国から湯治に訪れる皮膚科医推奨の名湯です。

天然成分からできた証ともいえる、豊富温泉の温泉成分に含まれる油分の匂いが微かに香ります。(よほど大量に使用しない限り油分の香りは短時間で消えます)

肌に良い豊富温泉の天然油分をベースに、妊娠中の女性の乾燥肌対策や妊娠線の予防としても利用されたり、人口心臓の潤滑油としても利用されるなど、安全性の高いホホバオイルオイルなどが配合されています。

敏感乾燥肌の方や、ちょっとこだわった保湿クリームをお探しの方まで、背中ニキビにかかわらず全身のスキンケアに使えます。

内容量は80gで価格は税込み7,400円です。送料無料キャンペーン実施中!

肌うれし湯治クリーム(モイスチャークリーム)の購入ページはこちら

2つの保湿クリームを比較

内容量80gの肌うれしクリームに比べると、ルフィーナは内容量が60gなので少し小さめです。
背中ニキビに効果的な保湿クリーム
ルフィーナは真っ白、肌うれしクリームは独特のアーモンドっぽい色をしています。
背中ニキビに効果的な保湿クリーム
どちらもなめらかで伸びが良く、保湿力がとてもいいです。
背中ニキビに効果的な保湿クリーム
背中ニキビへの効果については使う人の体質などにもよると思うので、一概にどちらが効果的かは分かりませんが、どちらも背中ニキビ以外の全身に使えて、安心・安全の国内生産です。

色んな保湿クリームを試してみてもあまり効果がないという方は、値段は少し高めですが、今回ご紹介したこだわりの保湿クリームも試してみてはいかがでしょうか。

効果的なセルフケアで背中ニキビができづらい肌環境をキープ

背中ニキビは悪化する前に、気付くというのも大切なポイント。

目につきづらい分、日頃からケア意識を高くして、少しでも早く背中の異常に気付いて対処できるに越したことはありません。

髪が長い人はシャンプーやリンスの洗い残しなどが毛穴に詰まり、背中ニキビの原因になることもあるようなので、時には何気ない生活習慣を見直す必要があるかもしれません。

またビタミンCには皮脂の過剰な分泌を抑える働きがあることもわかっています。

皮脂の分泌を抑えて肌の乾燥を防いでくれる、ビタミンC誘導体の効果がある化粧水などでお肌のケアをすることも、背中ニキビの予防や改善に効果があるようです。

しかし症状が悪化してしまった時などは、できるだけ早く医療機関で適切な治療を受けるようにしましょう。

日頃から背中の保湿ケアをしっかりして、背中ニキビができづらい肌環境をキープするのが何より大事といえそうです。